スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢の名物対決! 赤福餅V.S.御福餅! お土産にするならどちらがいい?

さて本日ですが、スイーツです。

伊勢の名物 赤福餅と御福餅の食べ比べです。

私は以前からもちろん前者の赤福餅は何度も食べたことがあったのですが

最近、類似品に後者の御福餅というものがあるということを知り

違いを検証したいという衝動にかられこの記事を書くことに決めました。

その前に伊勢と言えばちょうど今年が神宮式年遷宮 の年ということで

正殿(しょうでん)や御垣内(みかきうち)の建物全て

そして、御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)がリニューアルされています。

ということでこの時期、お伊勢さんは観光客の方々でたいへん賑わって

いまして、おかげ横丁周辺のお土産さんもたいそう繁盛している

ことだと思います。

私たちは今からさかのぼること11年程前息子がまだ1歳になる前に

伊勢神宮にきました。

ところがその息子がついに修学旅行にこちらの方面に行くことになりました
(年月が経つのは本当に早いと実感しました;^^)

ので、お土産として定番の赤福餅を頼みました。

で、御福餅はと申しますとつい先週最寄のスーパーに売りにきていまして

まさに、ベストタイミングでこちらも事前に試していました。

前置きが非常に長くなりましたが両者を比較していきたいと思います。

まずはパッケージから

DSCF0989_20131026093949f4b.jpgDSCF0977.jpg

こちらは赤福餅です。

表側には五十鈴川とその上にかかる宇治橋が描かれています。

裏には正岡子規の句「到来の赤福餅や伊勢の春」が描かれていますが

このデザインは冬バージョンで、夏バージョンは山口誓子の句だそうです。

創業は寛永四年西暦で言いますと1707年という老舗です。

DSCF0983.jpgDSCF0984.jpg

一方、御福餅のパッケージの表側に描かれているデザインは

二見ケ浦の夫婦岩です。

創業から270余年ということで西暦で言えば1740年頃のようで

こちらのほうが少し新しいのかな?

パッケージを外しますと

DSCF0991.jpg

赤福餅はこんな感じでお店の様子と松尾芭蕉にまつわる句が印刷された紙と

食べるときのヘラが入っています。

こちらは木製です。

DSCF0985.jpg

そして御福餅にはプラスティック製のヘラが入っています。

では蓋を開けてみましょう!

DSCF0992.jpg

まずは赤福餅!

餡の色は非常にはっきりとした色で艶々としています。

五十鈴川のせせらぎをイメージした餡の形状も非常に綺麗ですが

こちらは一部の店舗を除いて機械生産のようです。

DSCF0986.jpg

一方御福餅ですが、こちらの餡の色はすこし抑え気味で艶の方もそれ程では

ありません。

ですが二見が浦の波をイメージして作られたという餡の波の形は職人さんの

手作りによる芸術品です(^^)

ちなみに商品名の由来は二見が浦にある二見興玉神社の天の岩屋に祀られる

神のアマノウズメノミコト(天鈿女命)の通称が「御福さん」

であることからきているようで、昔の人々はお伊勢参りする前に

こちらの神社で禊を行ったのち参拝されたようです。

では食べ比べした感想を述べてみたいと思います。

DSCF0993.jpgDSCF0994.jpg

まずは赤福餅ですが、餡はほんの少しザラザラとしていまして

小豆を感じることが出来ます。

中の御餅は非常に柔らかくのびも素晴らしいです。

お味のほうは小豆の旨みが前面にでていまして、少し甘めですが

非常に美味しいです。

DSCF0987.jpgDSCF0988.jpg

一方御福餅ですが、餡の舌触りは比較的滑らかでキメが少し細かめです。

御餅の方は前者と比べますと少し硬いかなあという印象でした。

ですが、スーパーで買ったものなので、鮮度の問題を考慮にいれますと

一概には硬いとは言えないと思います。

お味のほうは餡のコクに甘さはいずれも控えめで、私にはこちらの方が

少し物足りなかったように感じました。

まとめますと以下の通りです。

赤福餅 五十鈴川のせせらぎのイメージ 
    一部の店舗を除いて機械生産
    餡は粒餡とまではいかないが、粒餡よりの食感を残したザラザラ感
    味、甘みとも濃い目
    

御福餅 二見が浦の波のイメージ
    全て職人の手作り
    りっぱな漉し餡で少し滑らかな舌触り
    味、甘みとも控え目
    
味に関しましては、正直申しまして好みの問題ですね。

私は赤福派ですが、手間隙かけた手作りの御福餅もそれ程劣ってはいない

というのが正直な感想です。

気になる価格ですが、赤福餅は折箱(おりばこ)タイプで

8個入りで¥700

御福餅も8個入り¥700でした。

いずれの商品も私としましてはコスパ的には妥当なお値段だと思います。

さあ!皆様は伊勢に行かれた時のお土産はどちらにされますか?

株式会社赤福→HP

有限会社御福餅本家→HP

赤福の過去の記事

1.赤福氷

ご覧になっておいしそうと感じられた方、食べてみたいと

思われた方、

こちらをポチッとして頂ければ励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

tag : 三重

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ワーキングアント

Author:ワーキングアント
4年続けてまいりましたシーサーブログより引越し中です。
FC2ブログでは初心者ですので、何卒よろしくお願いいたします♪

ハタラキ蟻さんの生活日記について

検索フォーム
フリーエリア
ブログタイムズ
ブログタイムズ
アメブロリンク集
リンク
その他リンク集
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ blogramのブログランキング
Twitter

Twitter始めました。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
トレンドマッチ
忍者アドマックス
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
タグ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
参加ランキング
ピッタ
フリーエリア
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぐるなび
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブログパーツブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。